トップページ > 国際電話のかけ方 > 海外から日本への国際電話のかけ方

海外から日本への国際電話のかけ方

海外から国際電話をかけたい

このホームページは海外から日本へ国際電話をかけたい方向けの説明です。
あなたが旅行などで海外に滞在しており、あなたが持参した日本の携帯電話を使って日本や他の海外に電話をかけたり、滞在国の電話にかけたい場合には上のメニューから国際電話のかけ方→国際ローミングサービスをクリックしてください。

はじめにすること

滞在国から国際電話をかける場合の国際プレフィックス番号(国際電話アクセス番号)を調べる必要があるので上のメニューから国際電話をかける→国際プレフィックス番号のボタンをクリックして、滞在国の国際プレフィックス番号をお調べください。
次に、発信先の国番号が必要となります。日本の国番号は”81”です。その他の国の国番号については上部メニューから地域別国番号をクリックして調べることができます。

発信先番号について

国際電話では相手の電話番号は下記のようになるのでご注意ください。相手が携帯電話であっても同じです。日本宛の場合も同じように市外局番や携帯電話番号の先頭の0はダイヤルしません。
国際電話をかける場合には先頭の0は不要です

尚、特例として中国で0以外の番号で始まる携帯電話があるようです。その場合には先頭の数字はそのままの番号で発信します。

海外からの発信の基本

海外からの国際電話であっても基本的なダイヤル方法は日本で使う方法と同じです。ただし、発信元の電話に発信規制がかかっているような場合には規制を解除する番号を最初にダイヤルする必要があります(例:ホテルなどの室内からのダイヤルの場合)。海外から国際電話をかける基本形
国際プレフィックス番号については上のメニューから国際プレフィックス番号をクリックし、現在滞在している国の国際プレフィックス番号をお調べください。

日本に電話をしたい場合には日本の国番号は81になります。

海外のホテルから発信の場合

海外のホテルから発信する場合にはホテルの部屋に置いてある電話の取り扱いマニュアルを読んで、外線番号にダイヤルする方法、国際電話に発信する方法を調べて、上記の基本となる発信方法の国際プレフィックス番号の前に国際電話発信専用番号をダイヤルする必要があります。

海外からの通話料金

国際電話の通話料金は
国際電話の通話料金
で計算されます。
通話料金は各滞在国ごとに異なるので、国によっては高額の場合もあるのであらかじめよく調べておく必要があります。
実際の通話料金はあなたの滞在しているホテルなどの電話の使い方などに記載されている国際電話通話料金を参照する必要があります。下の検索を使って hotel名+internationalcall で検索をしてみてください。

課金単位について

通常、通話料金は一定の時間あたりの料金となります。この時間を課金単位と呼びます。通常、課金単位に満たない場合には繰り上げの通話時間として計算されるので、月末に全ての通話時間の合計から算出されるという訳ではありません(通話料金は通話毎に算出され、その合算合計金額となります)。
例を下に示します。
国際電話の課金単位について
上の例の場合、課金単位60秒と6秒を比較した場合です。通話料金が同じ場合には課金単位が6秒のサービスの方が得な通話となることを覚えておくと良いでしょう。

 

関連記事:海外の怪しいサイトに依頼してiphone5のsimロック解除を依頼した(解除成功)

関連記事:PHSを香港に持ち込んではならない

関連記事:世界どこでもスマホやパソコンやタブレットがwifiに接続できれば国際電話可能 -海外ip電話betamaxグループ料金表